過労 休職 復職の心得

激務に倒れた30代エンジニア系SEが、働き方を変えるまでの体験記

心療内科で診断書をもらい、短期休養で様子を見る

このページでは、過労を理由に心療内科から診断書をもらうところまでを紹介しています。

心療内科を選びと、予約、初診、診断書を出してもらうまで、私の経験談を書いていきます。

スポンサーリンク

心療内科は怖くないし、恥ずかしくない

過労で倒れた場合、なるべく早いタイミングで心療内科を受診すべきです。

頭や体を強制的に休ませる環境を整えるため、心療内科で診断書をもらうことが何よりの武器になるからです。

にもかかわらず、いまだ「心療内科は怖い」「メンタルで病院なんて恥ずかしい」と思う人がいます。

しかし、それは間違いです。過労の人にとって心療内科は命綱。まっさきに向かうべき場所なのです。

心療内科選びのポイント

とはいえ、どの心療内科を選ぶべきかは迷いどころだと思います。

数が多く、病院によって特色もあるので、「コレだ」と一発で決めにくいからです。

実際、自分にあわないという理由で複数の心療内科を転々とする人も多いもの。

一方、私ははじめから終わりまで1つの心療内科で済みました。

何をどう重視して選んだか、ポイントをお伝えします。

心療内科の予約~初診の感想

初めての心療内科。

怖くないとはわかっていつつ、緊張するものです。

次のページでは、私が心療内科に予約を入れてから初診を受けるまでの一連の流れと感想を紹介しています。

初診で診断書をもらえた方法

心療内科にかかる目的の1つが「診断書」だと思います。

過労で倒れて休養が必要な自分に「休むべき理由」という武器をくれるのが診断書。

私は幸い、初診で診断書をいただくことができました。

具体的にどう医師に話をしたのかをご紹介します。

次のステップ

心療内科でもらった診断書を会社に提出し、それを理由に数日間の休養を取ります。

その期間で心身ともに回復できたなら御の字ですが、私のように回復しきらず、もっと長い休養が必要な場合がほとんどでしょう。

単発の休暇ではなく、長期的な休職に向けて準備をしていきましょう。

更新日:

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2018 All Rights Reserved.