過労 休職 復職の心得

激務に倒れた30代エンジニア系SEが、働き方を変えるまでの体験記

復職で失敗しないため絶対に必要なストレス耐性トレーニング

過労で休職した人が復職するにあたり避けて通れないのが、ストレス耐性の回復です。

療養を通じて気力と体力を、知的生産のトレーニングを通じて思考力を回復したとしても、職場で働くとなるとまた別のストレスがかかるもの。

ここでは復職にあたって必要なストレス耐性のトレーニングについて、全体像を整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

休職・療養中と全く異なる「職場で仕事」という環境

過労で休職・療養している間、復職に向けた取り組みの一環として思考力のトレーニングを行います。

思考力トレーニングを上手に積んでいくと、ゆくゆくは実務とほぼ同じレベルの課題に取り組むことができるようになります。

しかし、思考力が回復てもすぐ復職できるわけではありません。

「休職中の1人作業」と「職場での仕事」は、下記3点で環境が全く異なるからです。

  1. 通勤の有無(出勤、退勤)
  2. 雰囲気の違い(オフィスの空気感)
  3. 人との協働(議論や交渉)

「会社で仕事をする」とは、これらのストレス源に耐えながら高度な知的生産を行うことを指します。

復職に向けて、各ストレス源に耐えるトレーニングをしておきましょう。

通勤のストレス

1つ目のハードルが、通勤のストレスです。

たとえば通勤電車。思い出すだけでも嫌ですよね。

満員でぎゅうぎゅう詰めの社内。ロクに身動きは取れない。立っているだけでもやっと。つり革をつかむ手は筋肉痛。
足を踏まれる。隣の人のカバンがあたって痛い。手すりに体を押し付けられて息が苦しい。
目の前のリーマンが汗臭い。イヤホンから漏れ聞こえてくるシャカシャカ音がうるさい。
ドアが開いているのに一度ホームに降りようとせずドアの脇にへばりつく人。突然言い合いを始める人。後ろから聞こえてくる舌打ち。

クソみたいな環境で心も体も消耗してしまうのが通勤電車です。

会社で仕事をするには、朝はこのような通勤電車に乗り、帰りに同じレベルの帰宅ラッシュを耐えなければなりません。

オフィスの空気感のストレス

次のハードルが、オフィス独特の空気感のストレスです。

会社のオフィスってなんだかピリピリしてるし、居心地悪くないですか?

チカチカした蛍光灯。無機質でやわらかみのない屋根やカベ。ホコリっぽいこもった空気。
鳴り響く電話の音。「ッターン」というキーボードの打鍵音やマウスのクリック音。
後ろから聞こえる急かすような指示出しの声。オープンスペースから聞こえる、けたたましいディスカッションの声。
ガタガタのイスに座り、ヒヤリと冷たい机の上を見てみると、くすんで汚れ、少しだけヌメっとしている。

私のいたプロジェクトではさらに、肩と肩が触れそうになるくらい席の間隔が狭かった。

オフィスという環境は、1人でカフェ作業をする時のようにリラックスできる環境では決してありません。

そんないるだけでストレスになりそうな場所で高度な知的生産を求められるのです。

会話や議論、交渉のストレス

最後のハードルは、コミュニケーションです。

議論や交渉はもとより、過労で休職していた人にとっては何気ない会話や雑談もストレスの元になりえます。

考えてもみてください。仕事なんです。苦手な人や嫌いな人とだって話さなければなりません。

「話すの苦手だなあ」と思う人とも、業務上必要であれば狭い会議室で2人サシで話すことになるんです。

気難しくて首を縦に振らない客とも話すことになるでしょう。調整や交渉といった、利害が一致しない状態で方向性を探るという高度で疲れるコミュニケーションだって必要です。

もうそれだけでもストレスですよね。

復職で失敗しないために絶対に必要なストレス耐性トレーニング

通勤、職場の雰囲気、そして人との協働。

復職するとこれら「会社で仕事をする」こと自体によるストレスが一気にやってきます。

これらに十分耐えられるよう、復職前にトレーニングを積んでおきましょう。

通勤の練習

1つ目は、通勤の練習です。

通勤・退勤時間帯のラッシュのストレスに耐えるため、少しずつ通勤電車に頭と体を慣れさせていきます。

最初は空いている車両や時間帯を選び、短距離の移動から始めます。

慣れてきたら混んでいる車両や時間帯を選ぶようにする、距離を伸ばすなど、ハードルを上げていきます。

最終的にはあえて満員電車に乗ってみるなど、自分に負荷をかけるテストを繰り返していきます。

ただし体調優先であることを忘れずに。
気分が悪い、頭がボーッとするなど、過労の症状や兆候に近いサインが現れえたら、無理せずに一度降りてベンチで休むようにします。

私が行った具体的なトレーニング方法はこちらのページでご紹介しています。

オフィス的な雰囲気で作業をする練習

1つ目は、オフィス的な雰囲気で作業をする練習です。

カフェや家などリラックスできる場所ではなく、オフィスライクな場所で作業してみましょう。

ただし本格的なオフィススペースとなるとちょっと高いお金を払わなければあなりません。

なので私はオフィス街のカフェや図書館の勉強スペースをオフィスに見立てて練習しました。

オフィス街のカフェはビジネスマンが仕事しに立ち寄ったりちょっとした会議をしていたりするので、練習にうってつけです。

また図書館の勉強スペースはカリカリした雰囲気がオフィスに似ているので練習になりやすいです。

より具体的な練習方法や詳細を下記ページで紹介しています。

人との会話、議論、交渉の練習

最後に、人との協働(会話、議論、交渉)の練習です。

これはさすがに1人ではできませんので、

  • 友人からの誘いに乗るなど、友人と話す機会を設ける
  • 産業医や保健師、カウンセラーとの話を練習の機会とする
  • 英会話や資格講座などを利用する

など、最初はとにかく自分と相手で会話のキャッチボールをする機会を増やしていきます。

慣れてきたら意識の高い友人とディスカッションするような場を設けてもいいかもしれません。

私の行った具体的なトレーニングを下記ページで紹介しています。

ストレス耐性トレーニングを行う際の注意点

最後に、これらのストレス耐性トレーニングをやる際に注意したいポイントをご紹介します。

あくまで無理のない範囲でやること

ストレス耐性トレーニングは、自分にストレスをかけることで耐性を強化するトレーニングです。

よって、やっていると疲れますしイライラします。

自分に無理のない範囲で、あくまで体調優先であると肝に銘じましょう。

人に迷惑をかけないこと

ストレス耐性トレーニングの中で「人との協働」の練習だけは異質です。

通勤電車やオフィス環境のストレス耐性トレーニングは1人でできますが、「人との協働」トレーニングだけは人の助けが必要だからです。

そのため、たとえば友人と話す機会を設けるなら、会う約束をする際に、「XX時までしかいられないけど大丈夫かな」など事前に時間を区切っておくと安全でしょう。

雨や寒さなどの気候条件を甘く見ないこと

雨の日や寒い日はストレスに弱くなりがちです。

暖かく晴れ渡った気持ちのいい日なら耐えられるストレスでも、雨の日や寒い日では耐えられなくなることが多いもの。

気候によって自分のストレス耐性は上下する事実を忘れずに、トレーニングの重さを調整するようにしてください。

雨や寒さでどれくらいストレス耐性が変わるか、私の場合の具体例をこちらのページで紹介しています。

まとめ

以上、復職に失敗しないためのストレス耐性トレーニングとして

  1. 通勤の有無(出勤、退勤)
  2. 雰囲気の違い(オフィスの空気感)
  3. 人との協働(議論や交渉)

という3つの点から、トレーニング方法をご紹介しました。

気力や体力、思考力が元に戻ったからといって、そのままの勢いで復職に踏みきると意外なところからのストレスで潰れてしまう可能性があります。

慎重にトレーニングを重ね、再休職や離職といったリスクを避けられるようにしていきましょう。

次のステップ

ある程度のストレスに耐えられるようになったら、復職に向けて動き出しましょう。

産業医面談に向けて準備を進めます。

 

復職にむけたトレーニングの全体像はこちら。

投稿日:

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.