完全復帰を目指して

復職後どうしても仕事の調子が戻らない原因と対処法について

更新日:

復職直後のリハビリ期間を抜けて、第一線で仕事をこなせるようになったとしても、まだまだ先の見えない完全復帰までの道。

一体いつになったら完全復帰できるんだろう?そう思われている方は、もしかしたら転職したほうが幸せになれるかもしれません。

というのも、完全復帰に必要なのは期間ではないからです。

仕事の調子が戻り完全復帰に必要なのは期間ではなかった

詳しくは下記ページに書いているのですが、仕事で完全復帰するためには、期間ではなくて人の言葉が必要です。(だとぼくは思っています)

復職後、仕事の完全復帰までに必要な期間は?大事なのは時間ではなかった

復職したものの、仕事の調子が戻らなくて「自分はどうしちゃったんだろう」と不安になることってありませんか? 完全復帰して前線で戦えるようになるまで、一体どのくらいの期間がかかるんでしょうか。 完全復帰し ...

続きを見る

また誰もいないところに呼び出されたぼくがかけられた言葉がこちら。

「きみが積極的に動いてくれているおかげで助かっている」

「主体的に足りないところをカバーして回ってくれてありがとう」

正直、ニヤけました。
そして何かのタガが外れたような気分になりました。 自分は自由に動いて仕事をしていいんだ、と。

出典:復職後、仕事の完全復帰までに必要な期間は?大事なのは時間ではなかった

基礎的な気力・体力、思考力やストレス耐性が戻っている状態における最後のタガを外したのは人の言葉、ひいては人間関係だったんです。

アドラー心理学を説くこちらのベストセラー本にも「すべての悩みは人間関係の悩みだ」という趣旨のことが書かれています。

 

つまり、仕事の調子が戻らず完全復帰が見えないのは、人間関係のせいかもしれない、ということです。

復職に伴う人間関係の変化は必ずしも良い変化ではない

休職や復職を通じて、仕事での人間関係はガラッと変わります。

担当する仕事が変われば話す人も変わります。そのため人間関係には変化があって当然。
そういう心持ちでいれば人間関係の変化そのもので傷つくことは避けられます。
詳しくは下記ページにも書いています。

休職前後でガラッと変わる仕事や人間関係の変化に落ち込まない方法

復職直後、気になるのは仕事や人間関係の変化ですよね。 「休職前はこんなカンタンな仕事頼まれなかったのに・・・」 「復職してから周りの人の反応が前と違う・・・」 なんて思われる方もいるのではないでしょう ...

続きを見る

しかしここで重要なのは、その変化は必あずしも良い変化ではないということ。

休職以前は良い付き合いができていた人であっても、復職後に疎遠または険悪になるという場合も残念ながらあります。

変化した人間関係が修復不可能のように見えたり、変化した人間関係そのものに居心地の悪さを感じてしまう場合もあるでしょう。

イガイガした人間関係の中に身を置くストレスは、確実に自分の心をむしばみます。

人間関係を変えるにはなにが必要か

休職明けの人、復職した人にとって、積極的に人間関係を改善するのはとてもハードルが高いものです。

人との会話、議論や交渉は最もストレスフルな活動のひとつ。
無理をすると心が擦り切れるかもしれません。(ぼく実際にそうなりかけました)

復職に向け、人との会話や議論、交渉のストレスに耐える練習の方法

復職に向けたストレス耐性トレーニングで忘れてはならないストレス源が、コミュニケーションによるストレスです。 ほとんどの仕事はコミュニケーションや協働が必要です。 何気ない会話だけでなく、議論や交渉など ...

続きを見る

そこそこ長い期間をかけ、トレーニングを積み上げて徐々に回復してきたんです。
せっかく戻った気力・体力、思考力や意欲(心)、人間関係が理由で台無しになるのはもったいないですよね。

ぼくのようにプロジェクトベースで仕事が動くのならまだましです。
何ヶ月かに一回は「クラス替え」のように人員の入れ替わりがあるので。

しかし同じ職場で同じ人間と仕事をするたぐいの仕事をされている場合は違います。
人間関係を変えるには、そもそも働く環境を変えないといけません。

転部を申し出るのも方法のひとつではありますが、最も確実なのは、転職です。
一度面接をすれば世界の広さに気づくと思います。

まとめ

完全復帰に必要なのは良い職場環境、良い人間関係です。
自分の気力や体力、思考力や能力は最低限の足切りライン、必要条件であって、十分条件にはなりえません。

あなたは会社の人間である前に、ひとりの前途あるビジネスパーソンです。
もし会社の環境や人間関係が完全復帰を邪魔する可能性があるなら、そこを離れるほうがあなたの将来のためになるでしょう。

能力を発揮できる場所で、力いっぱい咲きましょう。

よく読まれているページ

1

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、危険でリスクが高いと言わざるをえません。 その理由と、会社へ依存するリスクを避ける方法をご紹介します。 目次1 会社で仕事をして給料をもらうた ...

2

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

起こってノーを言っている人 3

ぼくが過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身 ...

-完全復帰を目指して

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.