「休職中の会社側との連絡」 一覧

休職中であっても会社とは定期的に連絡が必要です。
なぜその必要があるのか?具体的にどんな連絡ややり取りをしていたのか?をご紹介しています。

よく読まれているページ

1

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、危険でリスクが高いと言わざるをえません。 その理由と、会社へ依存するリスクを避ける方法をご紹介します。 会社で仕事をして給料をもらうための条件 ...

2

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

起こってノーを言っている人 3

ぼくが過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身 ...

カテゴリ一覧

仕事や実務で必要な連絡はどうする?自分に負担をかけない方法

休職期間に入ったら会社側の人との連絡をすべて断つ・・・というわけにもいきません。 産業医や保健師、人事部との連絡に加え、これまで一緒に仕事をしてきた同僚や上司と、実務に関わる連絡を取る必要があります。 ...

産業医と保健師の違いって?役割や話す内容の具体例

休職中は会社指定の産業医や保健師との定期的な面談が義務づけられます。 「会社側の人間が、あなたの状態を確認します」というのが名目の産業医面談や保健師面談。 一体、産業医や保健師って何者なのでしょうか。 ...

休職中でも必要な人事部との連絡、具体的になにをやり取りするのか?

休職中でも必要な会社との連絡のひとつが、人事部とのやり取りです。 人材や管理したり、保険組合との連携を取り仕切る立場である人事部。 休職中に必要なやり取りについて、まとめました。 休職中でも人事部との ...

休職中でも会社との連絡って必要?実際のところを解説

心療内科で診断書がもらえて、会社への休職申請も無事通り、いざ休職開始。 となったからといって、会社側と全くノータッチとはいかないのが「会社に所属しながら休む」という休職の避けられないところ。 では具体 ...

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.