過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

「休職中の会社との連絡」 一覧

休職中であっても会社とは定期的に連絡が必要です。
なぜその必要があるのか?具体的にどんな連絡ややり取りをしていたのか?をご紹介しています。

カテゴリ一覧

仕事や実務で必要な連絡はどうする?自分に負担をかけない方法

休職期間に入ったら会社側の人との連絡をすべて断つ・・・というわけにもいきません。 産業医や保健師、人事部との連絡に加え、これまで一緒に仕事をしてきた同僚や上司と、実務に関わる連絡を取る必要があります。 ...

産業医と保健師の違いって?役割や話す内容の具体例

休職中は会社指定の産業医や保健師との定期的な面談が義務づけられます。 「会社側の人間が、あなたの状態を確認します」というのが名目の産業医面談や保健師面談。 一体、産業医や保健師って何者なのでしょうか。 ...

休職中でも必要な人事部との連絡、具体的になにをやり取りするのか?

休職中でも必要な会社との連絡のひとつが、人事部とのやり取りです。 人材や管理したり、保険組合との連携を取り仕切る立場である人事部。 休職中に必要なやり取りについて、まとめました。 休職中でも人事部との ...

休職中でも会社との連絡って必要?実際のところを解説

心療内科で診断書がもらえて、会社への休職申請も無事通り、いざ休職開始。 となったからといって、会社側と全くノータッチとはいかないのが「会社に所属しながら休む」という休職の避けられないところ。 では具体 ...

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.