心療内科で診断書をもらう

過労を理由に心療内科で診断書がもらえた方法と記載内容

更新日:

過労で倒れて心療内科を受診する、と聞くと、まず出てくるのが「診断書」という言葉だと思います。

休暇や休職を取るための証跡として提出が義務付けられている診断書。

本ページではぼくが診断書をもらえた方法をご紹介します。

と同時に、絶対に忘れてほしくない「診断書」の本来のあるべき使い方についても触れていきたと思います。

ぼくが過労で診断書をもらった経緯

ぼくが心療内科で診断書をもらったのは、私傷病休暇と有給休暇を利用して2週間ほど休みをもらった後のことです。

というのも、過労のような傷病が理由で会社を休むときは原則

  1. 給料の出るタイプの休暇を先に消化
  2. その後、無給の傷病休職へ移行

という順番で消化することとなります。

診断書が必要なのは上記2です。1の期間内で回復が望めない場合、診断書をもらって傷病休職へ突入することになります。

会社の用意している休みの種別と扱いの違いを下記ページで解説しています。

会社を休むなら覚えておきたい、休暇・休職の種類と扱い(有給、傷病、自己都合)

当日連絡で欠勤しても会社は潰れないし、まわりもあまり気にしないから大丈夫。 とはいえ、会社員である以上、休むなら休むで守らなければならないルールがあります。 今回はその種類と申請方法(概要)についてで ...

続きを見る

過労を理由とした心療内科で診断書のもらい方

過労で倒れた人が心療内科で診断書をもらうためにはどうすればいいか。

一言で言うならば、自分の今のつらい状態やそうなった経緯を、なるべく客観的に、つぶさに医師に話すことです。

  • 身体に出ている症状
  • いつもとどう違うか
  • なにがどう辛いのか
  • こうなった経緯、心当たり

医者はこれらを客観的に検証することはできません。

しかしたくさんの患者を見てきています。これは本当、これはウソ。なんとなくの嗅覚は持っているはず。

過労で倒れて本当に辛いという事実は、地に足つけてしみじみ語れば自ずと伝わるはずです。

参考に、ぼくが過労で倒れた時に頭や体に出ていた症状や兆候をこちらにまとめています。

過労の兆候や症状の実例。「様子がおかしい」を見逃すな

ぼくが自分が過労と気づいたのは朝起きた時でした。 その日は仕事だったのですが、ぼく自身も一緒に起きた妻も「何かおかしい」と気づいたのです。 後日、会社の先輩に聞いてみたときも「大丈夫か?」という兆候を ...

続きを見る

過労が理由の診断書に書かれた内容

ぼくが心療内科でもらった診断書に書かれた病名は不安神経症・睡眠障害でした。

過労はあくまで状態を指す言葉であり、医師が「病名:過労」と書くことはないようです。

その後提出した傷病手当金支給申請書(協会けんぽから給料の2/3がもらえる制度への申請書)においても、医師の記入欄には

  • 傷病名:不安神経症・睡眠障害
  • 傷病事由:不明

書かれています。(コレでちゃんと通りました)

傷病手当金支給申請書については下記ページで紹介しています。

傷病手当金支給申請書の書き方や申請方法で参考になったサイトまとめ

過労による休職中で収入の大きな柱になるのが、傷病手当金です。 傷病手当金とは、平たくいえば給料の2/3が最長1年半もらえる制度です。 ただしそもそも申請しないともらえないし、申請方法も少し複雑なのが玉 ...

続きを見る

診断書は毎月もらう必要がある

ちなみに、ぼくはその後10ヶ月間休職を続けたのですが、診断書は毎月もらう必要がありました。

ぼくの通っていたゆうメンタルクリニックでは、

  • 診断書の有効期間は原則1ヶ月とする
  • 休職中は月に最低でも2回は診察を受ける

というルールになっているとのことでした。

【新宿駅0分の心療内科・精神科】ゆうメンタルクリニック新宿院

休職中の心療内科通いについてはこちらのページにもまとめています。

休職中、心療内科に通う頻度はどのくらいがベストか?

心療内科から診断書をもらっての休職(傷病休職)は、療養による回復が目的のため、状態を定点観測することが求めらます。 要は、心療内科に通うことをもとめられるのですが、一体どのくらいの頻度で通えばいいので ...

続きを見る

過労で倒れた人は心療内科で診断書をもらうべき

過労で倒れた人は、心療内科で診断書をもらうべきです。

その理由は、過労状態=緊急事態だから。

過労で倒れた人は、頭や心がとてつもなく疲れています。その緊急警報が過労の兆候なんです。

だから、休むため、休める環境を作るため、まわりの人を納得させるための道具として、診断書をもらうべきなんです。

過労で倒れた当日、会社から仕事の休みをもらう方法

前回の記事では、過労の兆候についてお話しました。 「ぼくは過労なのかもしれない」と思ったら、とにかく会社を、そして仕事を休むことです。 この記事では、具体的にどう連絡すれば休みをもらいやすいかを書いて ...

続きを見る

そもそもの心療内科の選び方がわからないという方に、選び方のポイントもまとめました。

心療内科選びのポイント、予約方法、初診の感想

過労で倒れた場合、なるべく早いタイミングで心療内科を受診することをオススメします。 ただ単に身体が疲れているなら身体を休めればいい話だと思うかもしれません。 しかし頭、そして心の疲れはそう簡単には快復 ...

続きを見る

診断書目的で仮病で心療内科にかかるのは言語道断

しかし、本当はなんでもないのに、診断書をもらうテクニックだけ引っさげて心療内科に向かうのは言語道断です。

たしかに心療内科にはうつ病の傾向を測るための質問票があり、それに恣意的に答えることで心の病を装うことは可能です

また心はとても主観的なものなので、外科的な疾病のように「この人は心の病だ」と客観的に判断することは難しい。

しかしだからといって、心の病を装って診断書だけもらいに行くのは、単なる甘えであり、ウソであり、ズルでしかありません。

実際に過労で倒れた人間からすれば「ふざけんな」です。

まとめ

心療内科は「心のケア」のための道具として診断書を出してくれるのです。

診断書をズル休みの道具に使おうという魂胆でこの記事にたどり着いた人は、今すぐ仕事に戻ってください。

そうではなく、本当に過労で辛くて休息が必要なら、今すぐにでも心療内科に向かってください。

診断書を取って、会社や仕事を休む道具として使ってください。

過労は静かに体を蝕み、知らない間にボロボロにするおそろしい存在なんですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく読まれているページ

1

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、危険でリスクが高いと言わざるをえません。 その理由と、会社へ依存するリスクを避ける方法をご紹介します。 目次1 会社で仕事をして給料をもらうた ...

2

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

起こってノーを言っている人 3

ぼくが過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身 ...

-心療内科で診断書をもらう

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.