過労 休職 復職の心得

激務に倒れた30代エンジニア系SEが、働き方を変えるまでの体験記

休職中の収入や支出

過労で休職中の身なのに副業を始めてもいいのか?

更新日:

過労での休職中は会社からの給与収入が途絶えます。

収入源確保のため、副業を始める方もいるでしょう。

会社へ休職を願い出て休みをもらっている身で、果たして副業のような「疲れること」をしてもいいものなのでしょうか。

スポンサーリンク

休職の目的はあくまで療養と回復

まず前提として認識すべきは、休職の目的は療養と回復であることです。

休職は会社を休む言い訳ではありません。会社はあなたの体調回復という大義名分があるからこそ、休職を承認しているのです。

そのため療養と回復を目指すというスタンスを無視し、無理に体力や精神力を削る行いをするのは本末転倒と言えるでしょう。

体調や回復に影響しない範囲なら活動的であるべき

ただし、休職しているからといってあなたの活動を過剰に制限すべきではありません。

体調や回復のペースに影響がない範囲内なら、どんどん活動的になるべきです。

だってゆくゆくは仕事復帰をする身なんです。

すり減った体力や精神力が回復してきたら、復職に向けた練習をするべき時がきます。

過労での休職中に副業を始めるのは一石二鳥

そこでひとつ提案です。

ベースの体力や精神力が回復してきたら、復帰に向けた練習の一環として、副業を始めてはどうでしょうか?

実は休職中にに副業を始めるのは実は一石二鳥です。

収入を会社にのみ依存するリスクを軽減する第一歩になる

はじめに、収入を会社の給料にのみ依存している状態はリスキーです。

実際過労で倒れて出社や仕事ができなくなると、給料はパッタリなくなってしまいました。

副業はそんな状態から脱却する第一歩になります。

それに2017年になって、社会的に副業が容認される土壌ができてきました。

1つの会社にのみ収入を依存する時代は終わりを迎えつつあるのです。

休職中、かつベースが回復した期間は、気力も体力も時間にも余裕がある時期。

副業を始めるのにはうってつけのタイミングといえます。

 

仕事復帰に向けた知的生産の練習になる

また、副業を始めるのは仕事復帰に向けた知的生産の練習にもなります。

知的生産とは、インプットされた情報を何らかの方法で処理し、求められるアウトプットを出す一連のプロセスを指します。

多くの仕事、特に頭脳労働において、知的生産は避けては通れない道です。

しかし休職中、ベースの気力や体力、思考力が落ちた状態。いきなり本番の仕事で求められる高いレベルの知的生産を行うのは無理です。ロクに泳げないのに遠泳はできません。

その練習として、無理のないペース、自分のペースで知的生産を行える副業は、練習の場として最適なんです。

とはいえ、無理のないペースでできるものを選んで

ただし、大事なことなのでもう一度お話しますが、自分の体調回復が最優先です。

副業で収益の分散を目指したい、仕事復帰に向けた練習をしたいといっても、オーバーワークは体を壊します。

一言で副業といっても幅広い種類があります。はじめは

  • 〆切を自分で設定できる
  • 他人と協働する必要がない

といったものから始めてみることをオススメします。

これら条件を満たし、かつ知的生産のトレーニングにもなる副業の代表がブログアフィリエイトです。

しくみや具体的なやり方を次のページで紹介しています。

まとめ

過労で休職中の身だからといって、無理に自分を押さえつける理由はありません。

療養による体調の回復を阻害しないこと、そして仕事復帰に向けた練習活動の一環であること。

両方の条件を満たしている範囲なら、過労による休職中であっても副業を始めることは十分に可能、かつリーズナブルなのです。

もしあなたがエンジニアなら、副業フリーランスとしてゆるく働く道を探るのも良い方法でしょう。

詳しくは下記ページをご覧ください。

-休職中の収入や支出

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.