過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

休職中の人づきあい

休職中に友人から遊びに誘われたら断らないといけないのか?

更新日:

もし友人に過労で休職中であることを伝えていないなら。

友人からは遠慮なく飲みや遊びのお誘いが届くはずですよね。だって知らないんですから。

せっかくのお誘い。だけど過労で休職中の身。どのような対応が望ましいのでしょうか。

誘いをむげに断るのは気が引ける?

過労で休職中であっても友人からの誘いはくるもの。

私は自分が過労で休職したことを友人に伝えていなかったため、いつも通り飲み会やイベントの誘いを受けていました。

日程の調整やその他企画など、誘ってくれる側はいろいろ考えてくれている。

そのため「誘いをむげに断るのもなんだかなあ」って思ってしまいますよね。

状況が許せば遊びの誘いに乗ってもよい

これは私の考えですが、休職中であっても遊びの誘いに乗ってもいいと思っています。

もし状況が許すのであれば、飲み会だろうが買い物だろうが、誘われるだけ遊びに行ってもいいと思うんです。

誘ってもらって申し訳ない。気持ちが自分の頭や心の重しになってモヤモヤ。

それが原因で余計に気落ちするくらいなら、いっそ誘いに乗ってしまうのもアリだと思います。

ただし最優先すべきは自分の体調

ただし覚えておきたいのは、あくまで自分の体調が最優先だということ。

もし遊びに出かけるとしても、自分の頭や体、心に十分な休息を取らせることを忘れないでください。

みんながワイワイしているから自分も・・・なんて考えないこと。あなたはあなたのペースで過ごすことが大事です。

  • 歩き疲れてきたら座って休む
  • 話し疲れてきたら少しの間席を外して深呼吸
  • これ以上は無理と思ったら、素直に帰る

もし待ち合わせ場所に向かうまでに体力が尽きてしまう可能性を少しでも感じたら、残念ですが友人のお誘いは断るべきです。

立場や体裁より、あなたの体調、そして回復が最優先なんですから。

まとめ

「過労で休職中」という自分についてたラベルを理由に断ってしまうのに気が引けるなら、友人からの誘いに乗るのもアリです。

しかし一言で「友人と遊ぶ」といっても、そこには

  • 出かける
  • 遊ぶ、話す、動く
  • 帰る

という3つの大きなハードルがあります。

これらをクリアできるくらいの状態になっていると言い切れる、かつ一番近い第三者から見てもそう言える場合のみ、誘いに乗って出かけてみましょう。

もし少しでも途中で気力体力が尽きる可能性があるなら、体調優先で断るほうがよいと思います。

あまり波風の立たない断り方の具体例をこちらで紹介しています。

休職中に友人からの遊びの誘いを断る、絶対に言い返せない方法3選

過労で休職している最中に友人から遊びの誘いが来た。 しかし休職中である事実を言いたくはない。 そんなときはどうやって断れば一番面倒がなくてスジも通るのでしょうか。 私が実際にやっていた断り方をお話した ...

続きを見る

  • 管理人について
J

J

30代SE、妻子持ち。過労で倒れてから10ヶ月間の休職を経て復職まで、辛い経験のなかで得たものをすべてを本サイトに置いていきます。 詳細プロフィールはこちら

よく読まれているページ

1

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

2

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

起こってノーを言っている人 3

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身を ...

-休職中の人づきあい

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.