過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

休職に向けた準備

過労による休職は転職活動に影響あり?期間が長いと不利なのか?

更新日:

過労で休職するとなると、気になるのが転職のときの影響です。

休職した事実は、果たして転職に不利なのでしょうか。

また期間によってその影響度は変わるのでしょうか。

過労による休職は転職活動に影響するか?

結論を言うと、休職の事実自体は転職活動に影響があります。

厳密には、場合によっては避けることもできますが、完全に避けることは無理です。

転職の面接で聞かれるのはあくまで「転職の理由」

転職の面接で必ず聞かれるのが「転職理由」です。

が、転職理由と休職が直接関係ない場合、「過労で休職して転職しようと思った」とあえて伝える必要はありません。

なぜ転職したいと思ったのか、その理由をシンプルに答えればよいのです。

もちろん、休職した事実を履歴書に書く必要はありません。「休職の理由は過労です」なんて書かなくても大丈夫です。

ただし聞かれたら答えないといけない

しかし、面接官に「休職経験はありますか」「その理由はなんですか」などと聞かれた場合は正直に答えなければなりません。

そこでウソをついてしまうと虚偽申告にあたるため、印象は最悪です。

またそれで転職に成功したとしても、無理な仕事を振られてしまうなど、まわりまわって自分への負担になってしまいます。

もし聞かれた場合は、

  • 過労が理由でXXヶ月休職していました
  • 過労の理由はXXです(自分のせいではない)
  • 今は回復しています

と名言することが大事です。

過労による休職期間が長いと転職に不利?

とはいえ、長期休職していた事実は採用側からすると少し気になるもの。

実際、採用する側から見るとどうなんでしょうか。

休職期間の長短は直接の影響はない

私もときどき仕事で転職者の採用面接の手伝いをすることがありますが、主に面接を担当する管理職の上司が

「休職が長い人はケアがちょっと大変なんだよな」

とこぼしていたことをよーーーく覚えています。

たまたま2人だったので「それってそんなに採用に影響するんですかね」と聞いてみたところ、彼はこう言いました。

「気にはなるけど、結局はその人の能力やスキル、一緒に働きたいと思えるかが一番だな」

もちろんこれは彼の考え方ではありますが、休職期間が長いからといってクリティカルな影響があるわけではないようです。

スキルや能力が十分に発揮できる状態かが大事

ただしこの前提として、能力やスキルがいかんなく発揮できる状態であることが最重要であることは変わりありません。

過労や休職はあくまで「スキルや能力が発揮できないかも?」と思わせる要員の1つでしかないのです。

その意味でも、転職での面接のときに完全に回復していて仕事に影響はありませんと言い切ることが大事になってくるんですね。

休職中に転職活動をしてもいいのか?

最後に、休職中に転職活動をしていいのか?について。

特にルール上は問題ありません。休職の本来の目的は療養を通じて休息を取ることですが、療養や回復に影響しない範囲の転職活動は問題ありません。

ただし無理は禁物。転職活動が理由で休職期間が長引いてしまった、なんて本末転倒でしょう。

そのためアクティブな転職活動というより、

など、転職準備にあてる方がよいかもしれません。

まとめ

過労が理由に休職をした場合、転職活動への影響は避けられません。

まずはしっかり休息を取って完全回復することを最優先にしてください。

転職など「その次」を考えるのはそれからです。

 

  • 管理人について
J

J

30代SE、妻子持ち。過労で倒れてから10ヶ月間の休職を経て復職まで、辛い経験のなかで得たものをすべてを本サイトに置いていきます。 詳細プロフィールはこちら

よく読まれているページ

1

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

2

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

起こってノーを言っている人 3

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身を ...

-休職に向けた準備

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.