過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

ストレス耐性の回復

雨や寒さで気が滅入る…ストレス耐性への影響が大きい気候条件

更新日:

ストレス耐性について考える際、見落としがちなのが気候条件です。

人によると思いますが、私の場合は雨の日や寒い日は気が滅入りやすく、ストレスに弱くなりました。

天気が悪い日はストレス耐性トレーニングの負荷を下げるよう調整しましょう。

ストレス耐性は常に一定ではない

「ストレス耐性」と言うとまるで「防御力」のように常に一定のパラメーターに聞こえるかもしれません。

しかし現実はゲームのようにはいかないもの。体調や気分によって、ストレスに対する「防御力」は強くも弱くもなります。

普段は耐えられる上司からの指摘も、風邪気味のときは落ち込みが激しかったりしますよね。

寝不足の翌日は通勤電車がつらい。そんな経験もあると思います。

ストレス耐性のベースはトレーニングで鍛えられるものの、実際の耐性レベルは不安定なんです。

意外と見落とされがちな「気候条件」

ストレス耐性に大きな影響を及ぼしながら、意外と見落とされがちなのが気候条件です。

  • 「雨の日はやる気が起きない」
  • 「寒いと外に出たくない」

聞き覚えのあるセリフだと思います。これらは気候条件によって心が削がれた例です。

そんな日に通勤電車でラッシュに巻き込まれると、いつもよりストレスを多く感じますよね。

しかし「通勤電車」というストレス源には変わりはないはずです。

つまり雨や寒さという条件によって、自分のストレス耐性が落ちていることを示します。

ストレス耐性や気候に大きく影響されてしまうんです。

気が滅入りやすかった気候

気温、湿度、天候、人それぞれ好き嫌いがあると思います。

ここでは、

  • 私が気が滅入りやすかった
  • 心療内科の医師に注意するよう言われた

という2つの条件を満たした気候条件をご紹介します。

寒い日

1つ目は寒い日です。

私の休職は冬をまたいだのですが、心療内科で受診するたび

「寒いと滅入りやすいですからね」

「体調には十分注意してくださいね」

と医師から言われていました。

たしかに寒いと気が滅入りやすかったです。

早くこんな寒いところからおさらばしたい、暖かい場所に行きたいという思いしかありませんでした。

雨の日

2つ目は、雨の日です。

雨の日は寒いのに加えて

  • 足元が濡れる
  • 傘がかさばる
  • 外が暗い

といった理由から、余計に気が滅入ります。

私はもともと雨が嫌いなだけかもしれません。

蒸し暑い日

3つ目が、蒸し暑い日です。

うだるような暑さだけならまだしも、雨の直後の晴天のような湿度の高い状態は

「おえ…」

となりやすいです。

「やる気が削がれる」タイプの天気には注意

寒い、雨、蒸し暑い。

これら3つが特に気が滅入りやすかったのですが、これはあくまで私の場合です。

雨好きの人、寒いとテンションの上がる人、蒸し暑くないと夏が来た気がしない人などもいると思います。

ストレス耐性はあくまで自分の気分に左右されるもの。

自分が普段、どのような天気のときにテンションが下がるのか?

そう考えてみると、ストレス耐性の低下しやすい天気もつかめると思います。

まとめ

ストレス耐性トレーニングでかける負荷(ストレスレベル)を決める際は、自分の調子だけでなく、気候条件も考慮してみてください。

オーバーワークのリスクを減らすことができ、より安全なトレーニングができるようになりますよ。

体調を優先できる選択をしていきましょう。

 

ストレス耐性トレーニングの全体像をこちらのページでまとめています。

復職で失敗しないため絶対に必要なストレス耐性トレーニング

過労で休職した人が復職するにあたり避けて通れないのが、ストレス耐性の回復です。 療養を通じて気力と体力を、知的生産のトレーニングを通じて思考力を回復したとしても、職場で働くとなるとまた別のストレスがか ...

続きを見る

  • 管理人について
J

J

30代SE、妻子持ち。過労で倒れてから10ヶ月間の休職を経て復職まで、辛い経験のなかで得たものをすべてを本サイトに置いていきます。 詳細プロフィールはこちら

よく読まれているページ

1

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

2

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

起こってノーを言っている人 3

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身を ...

-ストレス耐性の回復

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.