過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

休職中の収入や支出

休職中の給与やボーナスはどうなったか、実例を紹介

更新日:

休職するとなると、まず気になるのが給料のお話ですよね。

これまで家計の柱になっていた会社からの給与。休職でどう影響されるのか気になると思います。

会社の規定によって扱いは変わると思いますが、今回は私が休職した際に給料やボーナスはどうなったかの事例をご紹介します。

休職による給料への影響は?支給されるのか?

まずは給料への影響です。

休職中は原則無給扱い

原則として、休職中は給料は支給されません

会社からすると、社員の休みはざっくり分けると

  • 福利厚生の休暇(有給休暇や傷病休暇など)
  • 上記以外の欠勤や休職

に分かれます。

前者は福利厚生のため給料が支給されます。有給休暇に「有給」とわざわざつけているのはこのためです。

その範囲外、つまり後者については「仕事をしていない(定められた責務を果たしていない)」という扱いになります。

よって給料は支給されません。無給です。

休暇、休職の扱いについてはこちらのページでも解説しています。

会社を休むなら覚えておきたい、休暇・休職の種類と扱い(有給、傷病、自己都合)

当日連絡で欠勤しても会社は潰れないし、まわりもあまり気にしないから大丈夫。 とはいえ、会社員である以上、休むなら休むで守らなければならないルールがあります。 今回はその種類と申請方法(概要)についてで ...

続きを見る

月途中からの休職の場合の扱い

月の途中で休職した場合、当月の給料は日割り計算で支給されます。

給与額=基本給×(出勤日数/営業日数)

たとえば20営業日ある月で11営業日目から休職を開始した場合、給与の半額が支払われることになります。

(会社の規定によって差はあると思います)

休職によるボーナスへの影響は?減額されるのか?

では半期や年毎に支払われるボーナスはどうなるのでしょうか。

私は休職中にボーナスの時期が来たのですが、ボーナスは一部減額されて支払われました

私の会社のボーナスは以下の2点によって金額が決まるルールになっています。

  • 業績賞与:会社全体の業績に応じて支給されるボーナス
  • 個人賞与:個々人のパフォーマンスに対して支給されるボーナス

私に支給されたボーナスは、業績賞与(減額)+個人賞与(満額)でした。
業績賞与は給料と同じく、出勤日数/営業日数の割合で減額されていました。

業績賞与:賞与額×基本給×(出勤日数/営業日数)

個人賞与については、会社からの説明によると

「休職する前までの期内に社内活動に貢献した実績を認められたことによるボーナスであり、個々人の活動内容に応じて評価・算定される」

ということでした。

休職による収入面でのマイナスは避けられない

以上まとめると、

  • 給料:無給
  • ボーナス:支給されるが減額

ということになりました。

福利厚生外の欠勤という扱い、かつ仕事をしていないので、収入源は当たり前といえば当たり前ですね。

会社からの給料に収入を依存している限りは、休職による収入のマイナスは避けられないようです。

まとめ

以上、休職による給料・ボーナスへの影響について、私の場合の事例をまとめました。

過労が理由で休職を余儀なくされたとはいえ、会社からの給料減額は正直いって家計に響きます。

当面の生活が立ちゆかなくならないよう、収入の維持・確保と支出削減はマジメに取り組むべきです。

私自身の取り組みについて別のページでまとめています。参考になれば幸いです。

過労による休職中でも収入を確保できる方法4選

休職するとなると一番気になるのが収入の話です。 多くの会社では休職=無給のため、当然給与による収入はダウンします。 しかし、様々な手を講じれば収入ダウンを防ぎ、一定の水準を確保することも可能です。 過 ...

続きを見る

休職による収入減を乗りきるため、生活水準を変えずに支出を減らした方法

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

続きを見る

  • 管理人について
J

J

30代SE、妻子持ち。過労で倒れてから10ヶ月間の休職を経て復職まで、辛い経験のなかで得たものをすべてを本サイトに置いていきます。 詳細プロフィールはこちら

よく読まれているページ

1

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

2

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

起こってノーを言っている人 3

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身を ...

-休職中の収入や支出

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.