過労 休職 復職の心得

過労で倒れ、休職、復職した30代SEの場合

二度と過労にならないために

過労にならない究極の手段は「ノー」を言える状態を作ること

更新日:

起こってノーを言っている人

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。

「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。

しかしよく考えると、身を粉にする必要は本当にあったのでしょうか。

もし「客のために残業して」に対してはっきりと「ノー」を言えたらどうだったんでしょうか。

私はもう二度と過労で倒れたくありません。だからこそ無理な仕事に対しては正々堂々と「やりません」を言うことにしました

 「ノー」を言えない日本人

日本人は「ノー」と言えないとよく言われます。なんとなく事情を理解して「ねえわかってよ」という空気で押し切られてしまうんです。

特に客に対して「ノー」を言えることはきわめて少ない。「お客様は神様です」とか「客の言うことは絶対」のような変な滅私奉公精神が染み付いているんでしょう。

私のいるIT業界なんて本当にわかりやすくて、「クライアントがこう言ってるから」の一言でまるで魔法のように人が動きます。

SEはクライアントの要望をITで叶える商売ですから、クライアントの要望は金科玉条のように扱われ神格化されているんです。

高橋まつりさんの電通事件もおそらく同じような業界構造が根底にあるのでしょう。客の無茶ぶりや無理難題になんでもかんでも「イエス、アイキャン!」と言っていたんだと思います。

「ノー」が言えないのは残業の根本原因

「ノー」が言えないのは、残業が増えていく根本的な原因だと思います。

たとえばこんなシチュエーションを考えてみて下さい。

  • この調査3日後までに報告してくれ
    →イエス(普通は1週間かかるやつだぞ……)
  • このモジュール1週間でテストまで終わらせてくれ
    →イエス(3人いればできるけど1人かよ……)
  • とりあえず明日の報告資料準備しといて
    →イエス(何をどう報告すればいいの……)

依頼する仕事量に対して納期が極端に短かったり、そもそも頭数が足りなかったり、仕事を完遂する具体的な手順が示されない丸投げだったり……

このように5W1Hがアンバランスな依頼、いわゆる「無茶ぶり」こそ残業のもとなんです。

こんな無茶ぶりに対しても「ノー」が言えない。だからこそ残業の嵐に見舞われ、過労に陥ってしまうんです。

自分の残り時間や持っている仕事と照らし合わせて、どう考えても期限内に対応できない。

そんな無茶ぶりに対しては、正々堂々と「ノー」を言うのが正しいでしょう。

「ノー」 が言えるようになれた方法

とはいえ上司やクライアントとの関係上、やすやすと「ノー」を言えないもの。

むげに断るのは心象がわるく今後の人間関係に響いてしまうかもしれません。

しかし私は下記2つの方法で、無茶ぶりに対して常に「ノー」を突きつけられるようになりました。

正しい対応を身につけた

1つが、無茶ぶりに対する正しい対応を覚えたことです。

無茶ぶりをされた際に5W1Hの観点で正しく確認の質問をすれば、無茶ぶりが無茶でないただの依頼にできる可能性があります。

なんでその期限なのか?やらなくてもいいことは?他の人の工数は使えないのか?作るものの具体的なイメージは?

などなど、安易に依頼を受ける前に、しつこいくらい依頼を削りにかかると良いでしょう。

これらはコンサルタントの人たちがやっている思考法のようです。私もコンサルタントのブログで初めて知りました。参考になったブログをこちらにまとめています。

no image
SEにとって目からウロコなコンサルタントのブログ一覧

SEの自分にとって、クライアントの側に立っていろいろと言ってくるコンサルという存在は敵でした。 しかし休職中に頭を冷やして考えてみると、コンサルってやつは実によく考えて上手に動いていることに気がつきま ...

続きを見る

また仕事術系の本を読んでみた中で同じような考えに触れているものも。おすすめ本をこちらに書いています。

会社での仕事のやり方が180度変わったおすすめビジネス本5選

過労で休職した私は、復職するにあたってひとつの誓いをたてました。 働き方を変えよう 今までと同じ馬車馬のような働き方をしていたら、また過労に陥り、再休職という憂き目にあってしまう。 会社に収入を依存し ...

続きを見る

会社の言いなりにならない状態を作った

もう1つが、そもそも会社の言いなりになる必要がない状態を作ったことです。

私は今、会社以外から副業で月10〜20万円の収入を得ています。がんばった月には会社の給料と同じくらいの額が手取りで入ってくる状態です。

こうなると身を粉にしてまで会社に尽くす必要がなくなります。仮に会社で無茶ぶりをされても「断ってクビになっても食いっぱぐれない」という後ろ盾のおかげで堂々と「ノー」を言えます。

収入を会社に依存するから言いなりにならなきゃいけないんです。収入源を分散させることでそんな状態から脱却しましょう。

具体的な方法はこちらに書きました。

収入を会社の給料だけに頼るリスク……収入源の分散こそ本当の安定だ

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

続きを見る

 仕事のせいで過労で倒れるなんてそもそもおかしい

そもそも仕事は人生の主役ではないはずです。

たびかさなる残業で家族との時間が削れたり、心をすり減らして過労に陥り健康を残ったり、バカみたいじゃないですか。

自分の時間を、自分の人生を取り戻しましょう。会社に依存してしまうばかりに過労で倒れるのはおかしいんです。

まとめ

過労で倒れないために最も大事なのは「ノー」を言えるようになること、「ノー」を言える状態を作ることです。

仕事において「いい人」は「都合のいい人」にしかなれません。それで使い倒されて摩耗して倒れるのはあなたです。

あなたと会社は単に雇用契約でつながれたもの同士。それ以上でもそれ以下でもありません。

契約以上の仕事をして消耗しないように、「ノー」を言える状態を作っていきましょう。

私は収入源が複数ある状態を作れたことで会社から心理的に縛られなくなりました。

どうしても無茶ぶりを断れず残業続きという人は、収入の柱を増やすことを強くおすすめします。

収入を会社の給料だけに頼るリスク……収入源の分散こそ本当の安定だ

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

続きを見る

  • 管理人について
J

J

30代SE、妻子持ち。過労で倒れてから10ヶ月間の休職を経て復職まで、辛い経験のなかで得たものをすべてを本サイトに置いていきます。 詳細プロフィールはこちら

よく読まれているページ

1

休職により収入が減ったとしても、生活を続けるにはお金が必要です。 入ってくるお金が減った以上、出て行くお金も減らさないと立ちゆかなくなってしまいます。 しかし、この状況を嘆く必要はありません。逆に支出 ...

2

あなたの収入源はなんですか? もし会社からの給料だけなら、リスクが高い状態と言わざるをえません。 そう言いきる理由と、会社へ依存するリスクを避けるためにすべきことを紹介します。 目次1 会社で仕事をし ...

起こってノーを言っている人 3

私が過労に陥った直接の原因は連日の深夜残業でした。 「客のためだから」を錦の御旗に、期限内に求められるアウトプットを出すべく、それこそ身を粉にてリソースをぶち込んできました。 しかしよく考えると、身を ...

-二度と過労にならないために

Copyright© 過労 休職 復職の心得 , 2017 All Rights Reserved.